FC2ブログ

大きくなっているアメリカ人

P3230218.jpg
数年前から言われてはいたが、アメリカ人はサイズアップしている。身体が大きくなっている。とくに中西部ではそれが顕著に見える。言い過ぎかもしれないが40歳以上の人々は、大きさの違いこそあれほとんど太っているように見える。
肥満が社会問題になっている昨今、健康関連の関係機関では、注意を喚起したり、肥満防止教育も行って、それなりの策を講じているのだが、マンハッタンのビジネスマンやLAのフィットネスに熱心な人々やボウルダ―、ポートランド、シアトルのスポーツ好きを除いては、肥満傾向にある。

アメリカ人の生活スタイルを見ると太って当然の生活パターンがそこにはある。
まずは生活における活動量、運動量が少ない。仕事、買い物、その他、すべての移動は車を使う。会社、事業所でも移動距離が少ない。歩かないし、しかも階段が少ない。生活の中での消費カロリーが少ない。(日本の田舎でもその傾向があるが)
アメリカ人は、生活を楽に、エンジョイする工夫が上手いし、そのために様々なものを
産み出してきた。家庭用品や日用品などでも様々な便利用品がスーパーやホームセンターに並んでいる。時にはこんなもの必要あるのかな、という珍品もあるが。できるだけ肉体的な労力を減らし、体を動かさないで仕事や家事を行う事にまい進してきた。とはいえ日本人よりはるかにスポーツ好きで、見る事も自ら楽しむ事も好きであるが。

もうひとつ彼らが太る理由は、その食生活である。とにかくよく食べる。摂取するカロリー量がかなり多い。日本では、アメリカ人と言うと、分厚いステーキやハンバーガーを「がっつり」食べるというイメージがあるが、アメリカ人は肉だけをそれほど頻繁に食べているわけではない。その多量のカロリー摂取の原因は、炭水化物、糖分、脂肪の多量な摂取にあるのではないかと思う。
たとえばディナー。まずは前菜に多少のお肉とサラダ等。サラダにはたっぷりのドレッシング。続いてパンを食べて、その後にメインディッシュ。肉や魚に必ずポテトやライスの付け合せ。それにデザートがつきものだ。レストランではデザートを頼まなかったり、少なめにしておくことはよくあるが、家庭ではそうはいかない。招かれた場合などでは断ることは失礼にあたる(ような気になる)。それというのも家庭ではデザートこそおもてなしのなかで一番力が入るメニューだからだ。アメリカのディナーをまともにすべて平らげるのは、大食い大会にでも出たようで、最後は戦いの様相を呈する。(とくに、貧乏性の自分は残すのはいけない事だとしみついているので)
ひととおりディナーの内容をみても明らかに炭水化物、糖分、脂質が多い。
おそらくディナーだけで日本人の男性の1日の理想の摂取量2,300~3,100kカロリーを超えてしまうか、大半のカロリーを摂取してしまうのではないかと思う。

また、アメリカ人の清涼飲料水を飲む量は半端ではない。日本のラージサイズがスモールサイズである。かつて中西部の長距離トラックの運転手さんたちが集まるガススタンド兼コンビニで見た清涼飲料水の入れ物は、誇張でもなんでもなくバケツサイズの大きさだった。まさに一食分のカロリーを含んでいそうな量である。

食生活を見直す動きはかなり前から行われている。食事内容や栄養素のとり方など、また多くのダイエット食品が紹介されている。都会のオシャレなレストランやオーガニックカフェでは、量を少なくしたり油の量や栄養バランスを考慮したり、野菜を多く取り入れたメニューやベジタリアンメニューを提案している。しかし、こってりとした味が独特なアメリカ料理に慣れているので多くの人が常にそういったメニューを好むとは思えない。
(実際アメリカの、とくに地元で人気のハンバーガーショップのバ―ガ―は美味いが。)

摂取エネルギーから日常生活の活動で消費するエネルギー引いた余剰エネルギーが、異常に多いのだ。太るのは当たり前である。それを解決するのは、結局身体を動かす事、運動するしかないのではないか。

アメリカのジムの会員数は人口の10%(約3,000万人)といわれており、日本の7~10倍くらいだと推測されるが、アメリカ人の食生活が画期的にがらりと変わらないかぎりアメリカのフィットネス、エクササイズ、ダイエットマーケットはまだまだ健在である。
これだけジム、フィットネスクラブに大きなマーケットがあり、楽に行う事に努力や工夫を惜しまないアメリカ人のメンタリィティーを考えれば、新しいフィットネスエクササイが常にアメリカで生まれ、発信されるのもうなずける。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR